妊娠線 原因 かゆみ

妊娠線の原とかゆみの関係性について

念願の赤ちゃんに胸を躍らせて、楽しいマタニティライフを
沢山の方が過ごされていると思います。

 

大きくなるお腹、愛おしい我が子の胎動。
すべてが幸せですよね。

 

ですが、幸せな中、気付いたらパクリとひび割れが・・・

 

なんてことにならないためにも今日は
妊娠線の原因についてお伝えしたいと思います。

 

しまった!とならない為にも予防から!

妊娠すると女性の体は酷い悪阻や味覚の変化など
驚くような変化をしていきます。

 

もちろん、お腹が大きくなるに連れてひび割れをすることもあります。

 

今まで伸びることがなかった皮膚が、たった数ヶ月で大きく引き伸ばされ
表面は同じように伸びることが出来ます。

 

そして、その奥にある皮下組織やコラーゲンは同じように伸びることが出来ずに
断裂してしまい、筋状のひび割れを起こします。

 

ですが、その他にも皮膚の乾燥があります。

 

それを予防するためには、妊娠初期からクリームやオイルなどをしっかりと塗り、
保湿された状態を保つことが大切です。

 

また、急激な体重増加も原因の一つなので日頃から食事に
気をつけ軽い運動をしながら、体重維持をすることも大切です。

 

皮膚のかゆみは妊娠線の前兆?

ホルモンの影響や皮膚の伸びからかゆみが起きることはよくあります。

 

ですが、中には痒いと思っていたら後々妊娠線が
出来てしまった、ということもあります。

 

妊娠線の痒みは妊娠性掻痒といい、後期などお腹が下がってきたり、
急激に出てくるときに起こりやすいです。

 

皮膚の下の筋組織が壊れてしまうことによって、
痛みを痒みとして感じてしまいます。

 

また、乾燥も妊娠線の原因になり、乾燥をしていると痒みが生じ痒いてしまい
妊娠線の元になってしまうこともあります。

 

痒みを感じたら、保湿クリームを塗ったりマッサージをしたりして皮膚を柔軟に保ちましょう。

 

嬉しいバストアップ!の横にひびわれが!

体が変化する中でもバストは急激に成長していきます。
出産後、赤ちゃんを育てる為に妊娠中から母乳を生成しています。

 

その為、バストも大きくなりますがお腹の妊娠線と同じで
皮膚が急激に伸ばされることで胸にも妊娠線が出来ることがあります。

 

中には胸のあたりが痒く感じたりすることもあります。

 

なので、お腹と同じように保湿クリームでしっかりと保湿をして妊娠線を予防し
合わせて出産後のためのおっぱいケアもしていくと産後も安心ですね。

 

見えない場所だけど要注意!おしりにも妊娠線は出来る!

妊娠して1番急激に見た目変化があるのは、
お腹ですので妊娠線はお腹に出来やすいです。

 

先ほど胸にも妊娠線は出来やすい、とお伝えしましたが、
意外と出来やすいのがおしりです。

 

お腹は出来やすいと耳にするので保湿をしっかりしていたけれど
おしりなど特に自分で見えない場所は気にしておらず、、、

 

後になって出来てしまった!ということがあります。

 

大きくなるお腹を支えていくために、おしりや太もも、
といった下半身も変化をしていきます。

 

そのため、同じように皮膚が伸ばされ妊娠線が出来てしまします。
見えない場所なので、なかなか気付かないです。

 

なので、お腹だけでなくおしりにも保湿クリームなどでしっかりと
保湿をし皮膚を柔らかく保つことも大切ですね。

 

まとめ

妊娠し女性の体は赤ちゃんを守り大きくしてあげるために
たくさん変化をしていきます。

 

もちろん、出産が1番の大仕事でありますが
出産した後もいつまでも綺麗なママでいたいですよね。

 

妊娠線は一度出来ると完全に消えることは少ないです。

 

妊娠中からしっかりと保湿をして予防し
素敵なマタニティライフを送ってください。

 

妊娠線のかゆみ対策とは!?いつから予防のクリームを塗ればいいのかを紹介

 

妊娠線とは、妊娠によりお腹等が大きくなることによって急激に皮膚が引っ張られ、
赤紫色の細い筋が何本もできてしまうことを言います。

 

急な体重増加でお腹が大きくなった時や
双子を妊娠した時にできやすいと言われております。

 

とは言ってもこの妊娠線、適切な保湿をしていないと妊婦さんなら
誰でもできてしまう可能性はあります。

 

また、妊娠中で無くても太ってしまった場合なんかにも
妊娠線はできてしまう可能性があります。

 

今回は、そんな妊娠線の対策についてご紹介していきましょう。

 

ボディクリームの使い方

妊娠線を予防するためには、手っ取り早いのが
ボディクリームを使う方法です。

 

なぜかというと、妊娠線は急激に伸びてしまった皮膚が
裂けることによってできてしまうからです。

 

しかしこのボディクリーム、闇雲に塗りたくるだけはNGです。

 

最も効果が高いのは、お風呂上がりの
しっとりしたお肌にボディクリームをつけることです。

 

そこで、私が毎日行っている方法をご紹介します。
この方法は芸能人もスキンケアの一環で取り入れている方が多いです。

 

ステップとしては3ステップです。

  1. お風呂から上がる
  2. タオルで拭かずにボディクリームを塗りたくる
  3. そのまま服を着る

 

たったこれだけです。

 

お風呂上りにタオルで水分を取ると、知らず知らずのうちに
肌が乾燥していってしまうんですね。

 

体の表面積はかなり広いです。

 

体中にボディクリームを塗る時間を考えたら、手を塗っている間に
お腹や足が乾燥していってしまうことは容易に想像できるでしょう。

 

また、しっとりした肌の状態にボディクリームでフタをするというのが
乾燥を防ぐのに一番有効です。

 

そして、濡れたままの肌にボディクリームを塗るとよく伸びます。

 

従って、その後拭き取ってしまうとボディクリームが
ごっそり取れてしまうことになるので、拭かずに服を着ます。

 

衣類でフタをするんですね。

 

私は、この方法を取り入れてから、お肌のモチモチ感が
増し、褒められるようになりました。

 

それでもかゆみがある場合は?

しかし、日中乾燥した空気にさらされると
やはりお肌は乾燥していきます。

 

そのサインがかゆみです。

 

かゆみが出やすい場所は妊娠線ができやすい
場所と考えていいでしょう。

 

お腹等は簡単に手が届きケアしやすいんですが
妊娠中って特に背中に手が届きにくくなるんですね。

 

なので、ボディクリームの付きが良くなかったり塗り忘れてしまう
箇所が出てきたりするんです。

 

この場合は、日中持ち歩ける小さいサイズの保湿クリームを
用意しておき、かゆみが出てきた時に小まめに塗る必要があります。

 

加えて、いつものお風呂上りのクリーム保湿に
オイルをプラスすると効果的です。

 

クリームで保湿された肌にさらにオイルでフタをすると
保湿状態が長続きするからです。

 

オイル保湿法

  1. お風呂から上がる
  2. タオルで拭かずにボディクリームを塗りたくる
  3. クリームが肌になじんだら、オイルを全身に塗りたくる
  4. そのまま服を着る

 

この場合も、決してタオルで拭き取らない、というのが大事になります。

 

予防の重要性

妊娠線は皮膚が柔らかい場所にできやすいので
脂肪がつきやすい場所(お腹、おしり、胸等)には注意が必要です。

 

お腹がはっきりと出てくるのは安定期(5ヶ月)を過ぎた頃だと思います。
しかし、予防は妊娠がわかった時点で始めることが重要です。

 

いつ急激に体重増加するかわかりませんし
妊娠中は知らず知らずのうちに脂肪がついてくるものだからです。

 

できてしまった後では遅すぎます。

 

早めのケアで「予防」することが
一番の妊娠線対策につながるのです。